面接は第一印象が重要

カメラ

良い印象を与える

就職活動でまず始めにやることといえば、履歴書の作成です。その履歴書の作成で大きなポイントとなるのが、履歴書に貼る証明写真となります。採用する企業にとっても履歴書は、応募してきた人がどんな人なのかを判断する大きな材料となります。面接で自分をアピールする前に、企業側に好印象を持ってもらう努力が必要です。証明写真は、街の無人の証明写真ボックスでも撮ることは可能です。しかし企業側に好印象を与えて面接で自分をアピールしたいと考える人におすすめなのが、写真館などでプロのアドバイスを受けて写真を撮ることです。証明写真では髪型やメイクや服装や写真の写り方によって、人に与える印象には大きな差が出てきます。照明のあたり方やリラックスして写真に映る方法などは、長年写真を取り続けてきたプロのアドバイスが役立ちます。そして写真の撮り直しが出来る点も、多くの人達から高く評価されています。また写真の仕上がりも違いますし、多少の修正に応じてくれる店もあります。多くの写真館では撮影したデータを保存して、データそのものを渡してくれるサービスを用意しています。無人の証明写真ボックスよりも少し割高となりますが何度も撮り直す必要がなく、面接の場での身だしなみに取り入れることが出来るアドバイスはとても参考になります。就活活動をこれから始めようとしている学生の人には、是非写真館などを利用して写真のプロに相談してみることをおすすめします。